ビジネスコミュニケーション英語プログラムについて

今ビジネスで活躍するには、職場でのコミュニケーションには特定のスキルが必要とされます。 ELSのビジネスコミュニケーションプログラムでは、それらの具体的なスキル獲得を目的として、ビジネスシーンにおける複雑な英語の使い方を学ぶトレーニングを行います。

英語のノンネイティブスピーカーの強い味方となり、国際的なビジネスの場での活躍をサポートするビジネス英語のトレーニングプログラム</8>となっています。カリキュラムは職場でのコミュニケーションをテーマとしていますが、ただ英語を話すだけでなく、各ビジネスシーンに応じて適切に話す方法も身につけることができます。 ビジネスコミュニケーションには特有のニュアンスが伴うため、様々な種類のコミュニケーションやその対応方法について理解することが重要です。

このビジネスコミュニケーションプログラムでは、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングなどの英語の基礎に焦点が置かれます。 よって、英語の全ての側面をしっかり理解できるのはもちろん、ビジネスコミュニケーションの方法についても学び、ビジネスシーンで使われる英語の基礎を理解することができます。

具体的には、職場でのスキル、ディスカッショントピック、異文化間コミュニケーションという3つのテーマを通して、ビジネス英語の基礎体得を目指します。

ビジネス英語コミュニケーショントレーニングの概要

「職場でのスキル」トレーニング

ビジネス英語プログラムのメインテーマの1つに、職場でのスキルがあります。例として、プレゼンテーションをする、交渉を行う、会議に参加する、メールを書く、ネットワークを築くといったタスクのトレーニングを行います。

これらの各タスクは、どの業界の職場でのやりとりにおいても共通するものです。 それぞれのタスク遂行には、特定のコミュニケーションスキルが必要とされます。 ビジネスコミュニケーションプログラムでは、そういった職場でのコミュニケーション要素を身につけていきます。 例えば、同僚へのメール返信と友達へのメール返信の違いについて学びます。 そんな違いは些細なもので、重要ではないと感じるかもしれませんが、仕事で成功していくためには実はとても大切な要素なのです。

状況トレーニング

日常生活と仕事の各場面には多くの共通点がありますが、職場に特有のシーンも数多くあります。

この「シチュエーション別」トレーニングでは、職場特有の場面をテーマとして扱います。 ビジネスコミュニケーションプログラムの一環として、マネージメントスタイル、チーム構築、仕事への満足度をはじめ、企業合併、危機管理、財務などの多様なトピックを取り上げます。 これらのテーマについての原則や場面について理解することで、職場で自信と余裕をもって対応できるようになることでしょう。 特定のビジネスシーンに直接関わることがないとしても、知識を持っていることで仕事での成功やキャリア前進に役立ちます。

「異文化間コミュニケーションスキル」トレーニング

ビジネスでのコミュニケーションの成功の鍵は、ライティングとスピーキングだけではありません。 「異文化間コミュニケーションスキル」トレーニングでは、相手との距離感、ノンバーバルコミュニケーション、率直さなどをテーマに、英語力以上のスキルをつけていきます。

ビジネスシーンでは、これらの非従来型コミュニケーションテクニックが求められています。 各文化で受け入れられたテクニックを体得することで、職場にすぐ適応したり、アイデアや考えをはっきりと伝えたりすることができるようになるでしょう。

ビジネスコミュニケーショントレーニングは、今仕事で使えているスキルと同じくらい重要なものです。 ELSのビジネス英語コミュニケーションプログラムでは、職場で必要とされるコミュニケーションスキルをつけるトレーニングを行っています。詳細についてのお問合せやお申込みは、お近くのELS公認カウンセリング代理店までご連絡いただくか、以下のフォームをご利用ください。

詳細情報のリクエスト|アドバイザーと話す

質問があります?私たちは支援するためにここにいます。以下のフォームを送信して、ELSアドバイザーから連絡を受けてください

Students_Looking_at_Computer_in_Group.jpg

さあ、準備は出来ましたか?

出願書の入力を完了すると、ELS入学アドバイザーから次のステップについて連絡があります。