プログラムについて

International English Language Testing System(IELTS)は、140か国以上の10,000校を超える教育機関で認められているテストです。 何千もの大学が、入学条件となる英語力の証明としてIELTSを受け入れています。 IELTSでは、英語の4技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)がすべて評価されます。 スピーキングは、公認の試験官との1対1での面接試験です。

対象者

準学士号、学士号、修士号、博士号取得を目指す学生

IELTSのスコア提出を必要とするアメリカのカレッジや大学の学部や大学院への進学を目指す留学生は、この試験を受けなければなりません。 希望のカレッジや大学への入学許可を得るには、この試験で一定以上のスコアを取得する必要があります。 必要とされるIELTSのスコアについては、各カレッジや大学に確認してください。

詳細について

IELTSの詳細については、IELTS.orgをご覧ください。 (IELTSのサイトの表示には、Google Chromeが最適です。)

iStock-879751676.jpg

IELTS準備コース-アメリカ

IELTS(アイエルツ)は、英語でのコミュニケーションが必要な場所での就労や学習を希望する受験者の語学力を測定する試験です。 IELTSは、British CouncilとIDP: IELTS AustraliaおよびCambridge Assessment Englishによって協同で運営されています。 IELTSは、言語力評価において最高峰の国際標準規格に準拠しています。 試験では、英語の4技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)が評価されます。 IELTSは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリス、アメリカなどの多くの国の大学や企業に受け入れられています。 また、職能団体、入国管理局、その他の政府機関などにも認められています。 アメリカ国内のIELTSの試験会場を確認するには、こちらをクリックしてください。

テストの詳細

受験日については、IELTS USAの登録サイトで確認してください。 センターでは早く定員に達しますので、www.ieltsusatest.org で登録した上で、できるだけ早く必要書類を電子メールでテストセンターに送付してください。 申請料の$245は、IELTSウェブサイト経由でPayPalを使ってお支払いください。

IELTSのオンライン登録フォームに入力されたメールアドレス宛てに、登録確認の電子メールが送信されます。ですので、電子メールを定期的に確認してください。 登録確認メールには、登録された時間、受験地、予約した試験などの詳細が記載されています。

IELTSで高得点を残すには、英語力だけでは十分ではありません。 試験の構成や評価方法について知っておく必要があります。 直前に焦ることがないよう、試験の流れなどを把握しておくことも大切です。 このコースは、近い将来IELTSを受験する予定の人を対象とした4時間のプログラムです。 テンポよいペースの中で、大切な受験のヒントや戦略、覚えておきたいことなどを押さえることができ、受験者は自信をもって試験に臨み、高得点を目指すことができます。

今すぐ登録

IELTS公式問題集:

IELTSのバンドスコアを伸ばしたい方や、IELTSを受験するのに必要なレベルに達しているかどうかをチェックしたい方には、IELTS公式問題集をお勧めしています。

現在、IELTS公式問題集には: 第1巻と第2巻があります。 各巻には全く異なる問題が掲載されています。テストの各要素に慣れるのに便利な問題集です。 各技能の評価方法や有益なヒントも記載されています。

問題集の内容:

  • リスニング、スピーキング、リーディングとライティング(アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの両方)の模擬試験
  • リスニング、リーディング、ライティングの解答用紙
  • リスニングとリーディングの模擬試験の解答集と、リスニングの音声スクリプト
  • 受験生のライティングの解答と試験官のコメントのサンプル
  • 受験生のスピーキングテストと試験官のコメントのサンプル

CD(第1巻)またはDVD(第2巻)の内容:

  • 練習用リスニングテスト
  • 受験生のスピーキングテストのサンプル3つ

DVDとCDの主な違いは、DVDにはスピーキングテストの様子を収めた動画が含まれている点です。

IELTS公式問題集の価格は、各巻$35(送料込み)です。 取り扱っていないセンターもあります。ご了承ください。 問題集の取扱状況や在庫については、各センターに直接お問い合わせください。

『Top Tips for IELTS Academic』と『Top Tips for IELTS General Training』:

『Top Tips for IELTS Academic』と『Top Tips for IELTS General Training』は、Cambridge ESOLとBritish Councilが共同で出版しています。 『Top Tips for IELTS』の内容:

  • テストで問われる4技能(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)すべてを伸ばすのに役立つ有用なアドバイス(ヒント)
  • わかりやすい例題と解説
  • 学習に便利な、各技能に関する一般的なヒント
  • 学習方法を扱ったセクション
  • 試験当日にすべきこと

『The Top Tips for IELTS』シリーズは、IELTSを出題するエキスパートが作成したものです。 『Top Tips for IELTS Academic』と『Top Tips for IELTS General Training』はどちらも、本とインタラクティブCD-ROMのセットで販売されています。

問題集の内容:

  • 各ヒントについてよく理解できる、わかりやすい例題と解説
  • 学習に便利な、各技能に関する一般的なヒント
  • 学習方法を扱ったセクション、試験当日にすべきこと

インタラクティブCD-ROMの内容:

  • IELTS™の形式に完全準拠した模擬試験
  • リスニングとライティングテストの解答集
  • 自分の解答と比較できるライティングテストの解答例
  • 実際の試験の様子がわかるリスニングテスト
  • 実際の試験の様子がわかる、IELTS™スピーキングテストのサンプル動画

試験当日はパスポートを必ず持参してください。 パスポートの有効期限が切れていないこと、また試験申込時に登録したのと同じパスポートであることを確認してください。 また、写真付きの身分証明書をもう1つ持参してください 。 アメリカで認められている正式な身分証明書は、パスポートのみです。運転免許証、学生証、その他写真付き身分証明書は、予備の身分証明書としてのみ使用できます。 試験会場に持ち込めるものは、透明なボトルに入った水、パスポート、老眼鏡(必要な場合)のみです。 バッグ、ケース、眼鏡入れ、本、紙、携帯電話、MP3プレーヤー、その他の電子機器、ペン、鉛筆を試験会場の教室に持ち込むことは許可されていません。試験中は、これらの物を鍵のかかった保管庫に入れることになるため、できるだけ持参しないようにしてください。 鉛筆は会場で配られます。 快適な服装で受験してください。 午前の筆記試験が開始されると、付き添いなしで試験会場から出ることはできません。 休憩時間はありません。試験日程は以下の通りです。

  • 8:00~8:15 試験会場に到着
  • 8:15~8:50 受付
  • 9:00~12:00 リスニング、リーディング、ライティングのセクション

スピーキングテストは15~20分間で、試験当日の午後に申込順に実施します。 一部のセンターでは、試験前日の午後にスピーキングテストを実施する場合があります。 受験するテストセンターが試験前日にスピーキングテストを実施する場合は、確認の電子メールにその旨が記載されています。

試験開始後にテストセンターに到着されても、受験することはできません。改めて別の日程で受験の申し込みを行い、受験料をもう一度お支払いいただくことになります。

キャンセルや受験日の変更の申し出は、予定された受験日の5週間前までにテストセンターに書面にて提出・受領されなければなりません。予定された受験日の5週間前までのキャンセルについては、受験料の一部が返金されます($60の事務手数料が差し引かれます)。 予定された受験日の5週間前を過ぎてからのキャンセルや受験日の変更については、通常、返金の対象外になります。

予定された受験日の5週間前を過ぎてからのキャンセルや受験日の変更を申し出た受験生について、重病その他の深刻な理由により受験が困難であることを示す証拠が提出された場合は返金の対象になります。または、手数料なしで受験日を変更することができます。 返金/受験日の変更申請書に記入し、試験日から5日以内に必要書類をすべて添えて返送してください。申請書の到着後、返金や受験日の変更の対象となるかどうかが検討されます。

受験日から13日後に、成績証明書(TRF)が、受験生と申込書に記載された受け入れ機関に郵送されます。 成績証明書の有効期限は2年間です。

注意:テストセンターがテストの結果を電話、ファックス、電子メールで受験者または受け入れ機関に通知することはありません。

受験者1名につき1通の成績証明書が自動的に発行されます。 受験生はIELTSを受験してから1か月以内であれば、さらに5通まで成績証明書の発行を追加申請することができます。 6通以上申請する場合は、1通につき$40.00の手数料がかかります。 追加で発行された成績証明書は、受験者が指定した受け入れ機関宛てにIELTSテストセンターから直接郵送されます。

受験日から1か月を経過した後に受け入れ機関宛ての追加の成績証明書の発行を申請するには、受験したセンターのAdministrator宛てに電子メールでお申込みください。 受験生が追加の成績証明書を受け取ることはできません。ご了承ください。 追加の成績証明書の発行は、受け入れ機関に送付される場合に限り申請することができます。 追加の成績証明書の発行には、1通につき$40.00の手数料がかかります。 普通郵便で送付されるため、配達状況の確認はできません。

IELTSの結果のプレビュー(事前確認)

IELTSの結果を事前に確認するには、上のリンクをクリックして必要事項をすべて入力してください。

IELTSの結果のプレビューは通常、受験日の13日後からオンラインでご確認いただけます。 ウェブサイトでテストの結果が表示されるまでに、24~48時間(1~2日)ほどかかる場合があります。 テストの結果は段階的に公開されるため、受験者によって結果が表示されるタイミングは異なります。 オンラインで表示されたテスト結果に関するお問い合わせは、48時間経過した後にお願い致します。 プレビューは公開日から28日間、ご利用いただけます。 試験日の13日後に、正式な成績証明書が郵送されます。 IELTSの結果のプレビューを正式なテストの結果として使用することはできません。ご注意ください。

免責事項:テスト結果のオンラインプレビューを、正式なスコアレポートとして使用することはできません。 IELTS USA、テストセンター、IELTSのパートナーは、プレビューの結果の正確性に関し一切保証しません。また、スコアの誤りについても何ら責任を負うものではありません。 IELTS USA、テストセンター、IELTSパートナーは技術的な問題または管理上の手続のいずれが原因であるかに関わらず、結果が表示されなかった場合に何ら責任を負うものではありません。

テスト結果に不服がある受験者は、受験したセンターで再採点(結果についての照会)の申込を行うことができます。 この申込は、受験日から6週間以内に行わなければなりません。 受験者は、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの中から、再採点を申請するセクションをいくつでも選択することができます。 再採点には、$120.00の手数料がかかります。 再採点により、どれか1つのセクションでもスコアが増加した場合、手数料は全額返金されます。 スコアに変更がなかった場合、手数料は返金されません。

IELTSの申込方法

登録の手順やキャンセルポリシーが記載された、以下の情報をよくお読みください。以下の点にご注意ください。

  1. 受験の申込を行うには、IELTS USAのオンライン登録サイトにアクセスします。

  2. 登録は先着順で、第1希望の日程が保証されるものではありません。

  3. 選択した第1希望、第2希望の日程での受験ができない場合、自動的にその次の日程で登録されます。

  4. 選択したセンターで受験可能な日がない場合は、上記のELS IELTS全受験センターの一覧を表示して、希望する日付に空きがあるセンターがないか確認してください。

IELTSテストの登録申込が行われると、申込受領の旨を記した確認メールが届きます。

  1. オンライン登録確認番号、受験日とセンターが記載されたこの確認メールのコピーを、以下の必要書類と共にそのテストセンター宛てに必ず提出してください。

  2. パスポートのコピー(登録申込時および受験日の両時点で有効なパスポート)。氏名、写真、生年月日、署名、有効期限(延長のスタンプを含む)が記載されたページのコピーが必要です。

必要書類は5営業日以内に、受験を希望するセンター宛てに送付してください。 ELS IELTS の全受験センターの住所については、上記一覧をご覧ください。

登録が処理されると、確認メールが届きます。

  1. アクセス:公共交通機関または車でのテストセンターへの行き方は、以下に記載されています。

  2. 到着時間:試験当日は、遅くとも8:15までにセンターに到着するようにしてください。

  3. スピーキングテストの時間:筆記試験と同じ日の12:15~16:00の間に、スピーキングテストが実施されます。 スピーキングテストの所要時間は20分です。 試験当日は16:00まで他の予定を入れないようにしてください。

    どのELS IELTSテストセンターでも筆記試験(土曜日または木曜日)と同じ日にスピーキングテストを実施しますが、例外があります。
    • Manhattan(センター#US084)- 筆記試験の前日または筆記試験後の月曜日に、スピーキングテストを実施する場合があります。
    • Cleveland(センター#US291)- 筆記試験の前日または筆記試験後の月曜日に、スピーキングテストを実施する場合があります。

  4. 返金とキャンセル:受験者は、受験日の5週間前までであれば受験のキャンセルまたは日程の変更を申請でき、75%の返金を受けることができます($60の事務手数料が差し引かれます)。 受験日の5週間前を過ぎてキャンセルや受験日の変更を希望する受験生は、返金対象になりません。 試験当日の欠席や遅刻はキャンセルとみなされ、返金対象になりません。

  5. 個人的事情による変更: 受験日の5週間前を過ぎてキャンセルや受験日の変更を希望する受験生について、重病その他の深刻な理由(以下)により受験することが困難であることを示す証拠が提出された場合は、返金の対象になります。

    • 重病 - 入院または重傷
    • 忌引 - 近親者の死亡
    • 困難な事情/外傷 - 犯罪の被害者、交通事故の被害者
    • 兵役

    受験生は試験日から5営業日以内に、返金または受験日の変更を求める申請書を提出しなければなりません。 Request for RefundまたはTest Day Transfer フォームに記入の上、必要書類または証明書類(医師による診断書、死亡通知書もしくは死亡診断書、警察の報告書など)を添えて提出しなければなりません。 申請が受理された場合、受験料の一部が返金されます。 返金額からは、事務手数料$60が差し引かれます。

    受験料の支払方法に関係なく、すべての返金は小切手により行われます。小切手は申請があった日から4~6週間で郵送されます。

  6. テスト結果の受取方法: テスト結果は、試験日から13営業日後にUSPS(アメリカ合衆国郵便公社)を用いて郵送されます。 テストの結果は、普通郵便での送付または受験したテストセンターでの手渡しによってのみ受け取ることができます。 手渡しによる受取を希望する受験生は、テスト結果公開日より前にテストセンターとの間で受取日時を調整し、受取時には受験日に使用したパスポートを持参しなければなりません。 代理人にテスト結果の受取を依頼する場合は、テスト結果の公開日より前にテストセンターとの間で受取日時を調整しなければなりません。 代理人は以下の物を持参してください。
    • 代理受取を許可したことを示す、受験生からのレター原本
    • 受取人の有効なパスポート(身元確認用)
    • 受験生のパスポートのコピー(受験日に使用したパスポート)

ELSランゲージセンタ—の営業時間(全センター共通):月曜~金曜の9:00~17:00(現地時間)

Cincinnati, OH - IELTS Center #US507
ファックス:513-556-4036
電子メール:ielts.cin@els.edu

Grand Rapids, MI – IELTS Center #316
電話:616-331-9222
ファックス:616-331-9223
電子メール:ielts.grr@els.edu

Houston, TX - IELTS Center #US080
電子メール:ielts.hou@els.edu

Melbourne, FL – Center #US027(センター外)
電話:813-257-6328
ファックス:727-867-5345
電子メール:ielts-tam@els.edu

New York, NY - Center #US084
電話:212-431-9330(内線:17)
ファックス:212-431-1636
電子メール:ielts.nym@els.edu

Philadelphia, PA - IELTS Center #UX088
電話:610-660-2133
IELTS Administrator: Ari Wijayanto
電子メール:awijayanto@els.edu

Tampa, FL - Center #US027
電話:813-257-6328
ファックス:727-867-5345
電子メール:ielts-tam@els.edu

Adult_Taking_an_English_test.jpg

IELTS準備コース-カナダ

ELS IELTS準備プログラムは、IELTS試験で成功するために必要な英語力と受験スキルを身に付けます。 午前のクラスは一般的な英語スキルに専念し、午後のクラスでは試験の準備をします。 このコースは、レベル106以上の学生向けに設計されています。 このコースは、カナダのバンクーバーにあるELSで受講できます

詳細情報のリクエスト

質問があります?私たちは支援するためにここにいます。以下のフォームを送信して、ELSアドバイザーから連絡を受けてください